03/12/2020
Breaking News

看護師という職業の重要性と魅力

チーム医療により充実した医療を提供する病院が増えてきたことで、医療現場における看護師の地位は向上し、その役割の重要性も増してきている。患者の身辺に関するケアをするのが看護師の基本的な仕事だが、それ以上のことも現場では求められるようになってきており、仕事における魅力も増している。

たとえば、看護師は日常的に患者のケアをするため、患者にとっては最も身近な医療スタッフとして認識されていることが多い。そのため、ちょっとした悩みや不満なども看護師に相談する患者は多く、医師には言えない本音を聞くことができ、心身のケアにおいて重要な役割を担えるようになる。これは、看護師ならではの重要な役割であり、患者のケアをしながら何を希望しているのかを理解することは、質の高い医療をて影響するためには欠かせない。患者を看護する中で、話をしたことや経過観察をした内容を医療チームに伝えることによって治療内容を見直すこともできるので、患者の満足度も高められると言われている。

ちなみに、そんな看護師にとってやりがいとは、患者の回復を間近で見られたり、自分の仕事に対して感謝の言葉を言われるときだ。自分なりに努力をして患者の希望を理解したり、それを医療に反映させたりすると、患者から喜びの声を聞けることがしばしばある。看護師にとって、患者から投げかけられる感謝の言葉は、モチベーションアップつながるので、時には辛いことがあっても看護師を続けるときの原動力になるという人は多いようだ。